銀色の紙に注意

先日、ドーナツの生地を作ってた時の話。

”バターを室温に戻して生地に混ぜる”という工程のときに、まだバターが冷たくて堅かったので、軽くレンジにかけて柔らかくしようと思いました。
バターをお皿に移せばよかったけど、ほんの10秒くらいだしと思って、包み紙のままレンジに入れました。

すると、ボワっとどこかで火が燃える音がして焦げ臭くなりました。

e0056411_23285935.jpg
キョロキョロしていると、料理中で手を離せない夫が

「レンジ!レンジ!火が付いてる!」

と大きな声を出したので、レンジを見ると、レンジの中が炎で明るくなってました。
開けると、銀色の包み紙に引火して少し燃えちゃってました。



「あ~バターは無事だぁ(´▽`;)」

なんて言ってたら、夫が

「もうアマダナ(オーブンレンジ)ダメかもな。燃えちゃったし」

なんて言うので、

「あ、そっか。レンジの方心配しなきゃ。」

と一応確認。アマダナは、ちょっとススがついたくらいで無事でした。


「まさか、アルミ入れたんじゃないよね。知ってるよね?レンジだめって」

「し、知ってるよ~(^^;)これはアルミじゃないし、ただの銀紙だし。何で燃えちゃったんだろう??」

「いや、それアルミだから・・・(ーー;)」


夫の脱力はご想像にお任せしますが、みなさんもバターの包み紙にはお気をつけくださいませ。
[PR]

by mikichanpoo | 2010-04-14 23:35 | ひとりごと