今できることって

毎日のニュースに胸が痛い。

何ができるだろう。

考えても、遠くにいるから、限られている。

寄付と募集があった物資の送付。

あとは、現地で困っておられる方に無事に届くことを祈るだけ。


いつまで、これが続くのか。

被害が大きいだけに、毎日不安な生活をしておられるだろう。

昨日まで住んでいた家がなくなる。

昨日まで元気だった友人や家族が、突然いなくなる。

命があって良かったと素直に喜べない心境。

加えて、終わりのわからない避難所での寒さ、空腹、全く知らない人と仕切のない生活。

想像を絶するショックとストレスと絶望・・・。



私たちにできること。

元気がなくなりつつある日本を元気にしなくちゃ、復興もままならない。

限られた資源を節約することも大切。

でも、このままじゃ、元気な日本は帰ってこない。

国は、経済(お金)という潤滑油で回っている。

お金は回さないと回ってこない。

すっと持っていても、何も変わらないし、変えられない。


先日、退職者の激励会があった。

お店の人が、連日100人規模でのキャンセルが相次いで、深刻だと話していた。

私の職場でも、開催自体どうしようかという話はあったようだ。

やっぱり、被災地の方々のニュースを見ていると、申し訳ない気持ちになる。


しかし、お店にとっては死活問題。


こういうことは、日本中で起きていると思う。


被災された方々や街の復興のためにも、日本は元気でないといけない。


だから、出来る限り節約して、寄付と、いい意味での”浪費”をしなきゃと思う。


被災された方に、一日でも早く穏やかな生活が戻ることを祈って。
[PR]

by mikichanpoo | 2011-03-18 12:40 | ひとりごと