ご褒美

夫は、20年の愛煙家でした。

家を作ることを決めてからは、
『新しいお家は禁煙だからね(`×´) 』
と、常日頃から言い聞かせていました。

でも本人はなかなか踏ん切りがつかないようで、止めそうな気配が見えてこない。

今から何かをやろうと思っている(かもしれない?)人に、
『やりなさい』
なんて言うと、やる気は失せるものです。


◆2004.2 ~家の設計開始頃~

”禁煙セラピー”(という本)を与えてみる。
読んだ後、
『こんなの無くったって出来るよ~( ̄д ̄)』
などと言うので
『あ、そう( ̄‥ ̄)』
と放置。止める気配なし。

◆2005.1 ~実施設計終盤~

”ニコレット”を与えてみる。
実は”ニコレット”というのは結構高い。
1粒100円弱くらいするのだ。
貧乏性の夫は、「こんなに高いものを買ってもらったら、止めないわけにはいかない」と、禁煙を決意(したらしい)。
(お小遣いが足りなかったのも禁煙の理由のひとつらしい(^m^) ププッ)

最初の頃は、色んな悪夢と戦いながらの辛い禁煙。
夢の中では、煙草をふかしてリラックスしている自分。

”喫煙=リラックスタイム” という方程式が出来てしまっている。

ニコチン中毒と言うより、習慣。20年の習慣は重い。

イライラして怒りっぽくなる。(煙草のせいなので、テキトーになだめる)
一人でぼーっと待っている時の時間のつぶし方がわからない。
(今では、携帯ゲームに没頭しているようですが(笑)。)

それから、日を増すごとに煙草の夢を見なくなったらしい。


◆2006.6 ~そして今~

禁煙を始めて1年5ヶ月が過ぎました。
今では、ビックリするほどの煙草嫌いになっています(笑)
気管支の弱い私よりも煙に敏感!

『吸うヤツの気が知れない ┐( ̄ヘ ̄)┌ 』

などと言っております( ̄∇ ̄;)

”禁煙中”から”以前吸っていた人”になった夫。

もう大丈夫と思ったので、ご褒美をこっそり夫部屋に置いておきました。
以前から欲しがっていたイームズチェア♪
単身赴任先から帰った夫は、発見するなり大はしゃぎでした(*´∇`*)

                     禁煙大成功!
e0056411_2141157.jpg

[PR]

by mikichanpoo | 2006-06-11 21:55 | ひとりごと