そういえば・・・

時々、ふっと建築中だった我が家を思い出します。
上棟してすぐの頃は、まだ2Fの寝室には仮の床板もなく、骨だけのところを渡りながら夜な夜な撮影してたな~。今思うと相当キケンです。真似をしてはいけません。

現在完成しているこの家の裏側の隅々まで見てきた。不思議な感覚です。
今は綺麗にビニールクロスや、フローリングが貼ってあり、内側のことなんて忘れそうなくらいです。クロスは職人さんを選ぶ高度な物、フローリングも加工が難しく職人泣かせの材。でも選ばれた職人さんの仕事は、素晴らしい仕上がりです。

でもこの仕上げの内側にもとても丁寧な職人さんの仕事がたくさん隠れています。
天井の裏側にはたくさんの配線があることも、2Fの寝室の天井裏に棟札が納めてあることも。
毎日、忘れずに感謝して住んでいます。

そのいい仕事をしてくださる職人さんをまとめてくださるのが、工務店。
最初に、工務店を選ぶときには”建築に愛のある工務店”なんて宣ってましたが、そんな気持ちが伝わったのか、うちを担当してくださった岩永組の辻田さんが、とても愛のあるコメントを自社HPに掲載されていましたので紹介しますね。
ありがとうございました<(_ _)>ペコリ
岩永組のHP
[PR]

by mikichanpoo | 2006-06-14 23:13 | ひとりごと