オサレなゴミ箱との暮らし

e0056411_1915462.jpg我が家の厨房で活躍中のお気に入りゴミ箱、Kucd(クード) 。
矢作チームにもお使いの方は多いはず。

デザインはもとより、キャスター付き(2輪)なのに、フットペダル式という優れもので、とっても重宝です・・・と言いたいのですが、ちょっと難点が何点か。(ダジャレかよ)

いいところばっかり書きたいけど、これから購入される方の参考になればと思い、使ってみての正直な辛口コメントです。デメリットも理解された上での購入をオススメします。

e0056411_19245737.jpg難点その1
内袋をセットするための袋押さえがついています。この写真のフタに寄り添っている薄茶色のものです。この袋押さえは、いくつも袋がかけられて分別処理もラクラク♪というもの。
だけど、この袋押さえと本体と繋がっている部分が弱く、すぐに割れてしまいました。現在、片方が宙ぶらりんで困っています。(本体は丈夫です。)

難点その2
このクードは、2輪のキャスターがついているため、自分の近くに引き寄せて、フットペダルでフタを開けてゴミを入れる事ができ、大変使い易く、キッチンにはもってこい。
でも、そのフタを開けるときには、少し覚悟がいります。

購入前、お店で確認したときには、まったく気付かなかったことです。
ビニール袋(レジ袋やゴミ袋)をセットして、フットペダルを踏むと、ちょっと間を空けて
『バーン!』
て感じですごい勢いで真上にフタが開きます。ちょっと怖いので、いつも引き気味です(笑)
どうやら、ビニール袋をふちにセットすることでフタと本体の隙間がなくなり、ペダルを踏んでも空気が中に入らずに真空状態に近い感じで開くみたい。
だって、開いた瞬間、長時間潜水していた人が水面に出てきて
『ぷハーー!』
って息してるみたいだもん。
ごめんね~、やっと息できたところに生ゴミ入れて(笑)

お店で気付かなかったのは、空っぽの状態で問題なくスムーズに開いたからかな。

まあ、フタの真空現象は我慢するとして、袋押さえが宙ぶらりんなのは困るので、今、メーカーに部品だけ買えないか問い合わせ中です。
合わせて”とても気に入ってて、ずっと使い続けたいから、改良してくれると嬉しいな~”というメッセージもつけておきました(o ̄∇ ̄o)悪魔?
[PR]

by mikichanpoo | 2006-10-27 19:58 | ひとりごと