見かけによらない

今日、仕事の帰りにホームセンターに寄ったときのこと。
私がレジで会計している時、後ろに並んでいる若いカップルの会話が聞こえてきた。

見るからに、金髪で服装も派手なジャージでヤンキーなカップル。
サンドウィッチマンの眼鏡の方と北斗晶みたいな(あくまでもイメージ)。
黙ってるとちょっと怖そうにも見える。

手に持っている商品は、キャンプ用品のようだった。
多分、収納袋付きの折り畳みチェアっぽい。

彼女が会計前に気が付いた。

「あれ?この袋破れてるよ」

私もついチラッと見てしまったが、収納袋に1cmほどの穴が2カ所くらいあった。
私だったら、売り場に戻って綺麗なものと交換してまたレジに並ぶと思う。
だって、その収納袋はずっと使うと思うから。

そしたら彼氏は、にっこり笑って

「ホントだ。でもいいよ別に。売り場に戻る方がめんどくさい。どうせ、使ううちに破れるし」

彼女は彼氏の言葉に微笑んで、反論しなかった。

見かけに騙されたよ。君ら、なんていいヤツなんだ(T□T)

「傷があるのを買うんだから、安くしろ」と言っても不思議じゃない人に見えるのに(失礼)
なんていいヤツなんだ~。


なんか、自分が恥ずかしくなった。
雑誌を買うときも、人が立ち読みしてないものがいいからと3冊目くらいをとったりするし。
デパートで、とても気に入った財布があって、かなりじっくり見たあと店員さんに在庫を尋ねて
「現品が最後ですが・・」
と言われると、やめてしまったり。
財布なんて、下ろして1日で傷はたくさんつくのに、買うときは無傷で買いたいんですよね。

う~ん。いろいろ考えさせられてしまった。
[PR]

by mikichanpoo | 2008-04-22 23:54 | ひとりごと