カテゴリ:建築日誌 地鎮祭まで( 6 )

地鎮祭、無事終了しました!

昨晩、敷地を覗いてみると、既に地縄張りが完了していました。
『おお~っ。噂に聞くとおり、小さいなあ。』という感想。
でも、常に雑草地だった場所がやっと変化しつつあります。
そして、今日の日を迎えることが出来ました。
少し風は強かったけど、お天気もよく丁度いい気候でした(^^)

e0056411_15432535.jpg朝、現場に到着すると、紅白の幕で部屋が出来ている?!しかも工務店の方3名と社長様までお目見えです!
この囲いの入り口で、手を清め、中で地鎮祭の儀式が行われました。

e0056411_15433565.jpgお供え飾り付け中。神様が降りて来られて頂かれるわけですね。鯛もオスメス2匹(天然鯛!)神主さんが神様をお呼びして、おもてなし、祝詞奏上などをされた後、噂に聞く、えいえいえい!がありました。
矢作さんが鎌入れを、夫が鍬入れ、工務店の社長さんが鋤入れをしました。

e0056411_15502314.jpg社長さんに声で負けたと夫が悔しがっておりました。いや、そういう大会じゃないし(- -;)確かに社長さんの声は、辺りにビーンと共鳴していました。その後、玉串奉奠。
←矢作さんです。
そして、3者揃って近所への挨拶回り。隣接2件と、道挟んで隣の薬局に行きました。
e0056411_16125046.jpg近所の方は心配とは全く裏腹にとても感じのよい方々でした。私たちのほうがどうよ?って感じ(笑)薬局は駐車場が広いので、特にこれからいろいろとお世話になりそうです。

さ、記念撮影して、終了かと思いきや、ここはさすが大手工務店様々。2段の豪華お弁当(お酒付)までご用意いただいておりました。とても立派な地鎮祭の一切の用意、費用まで面倒見ていただいて、こんな接待まで!
矢作さんもビックリです。この工務店ではオプションではなく、これが標準仕様らしいです。ひょー!!(写真は左から工務店社長さん・夫・私・矢作さんです。)

しかも、全て終了後、お供え物全部をきれいに箱詰めしてお土産に下さいました。矢作さんにももらって欲しかったんですが、午後からの仕事に直行されるらしくダメでした(鯛だしね)。たくさんだったので、近所の友人宅に配達しました。

こちらの工務店は、創業は明治43年という歴史の古い工務店。今日来られたのは、4代目の社長さんです。長く続いているということは、全てにおいて誠意をもって仕事をしてこられたからなんだろうな・・・とお話を聞きながら感じました。矢作さんとのコラボ、また2作、3作と続くといいですね。

着工は10月に入ってからとのこと。
それでは、バーチャル監理スタートです!
(矢作事務所からも定期的に来られますが、ブログにて出来る範囲でお伝えしていきますね)ここにも掲載していますよ☆
[PR]

by mikichanpoo | 2005-09-25 16:37 | 建築日誌 地鎮祭まで

さすが大手工務店様!

連休中に追加の除草剤を撒いたので、どうなったかなと仕事帰りに土地の様子を見に行くと、
『なんということでしょう!』
先日行った時には、除草剤で気絶した草たち(または息絶えたとも言う)が、茶色くなって倒れて地面を覆いつくしており、土がほとんど見えなくなっていたにも拘らず、きれいに寄せ集めてビニール袋に入れてありました。

それだけではありません。地鎮祭予定地と思われる一角にきれいな砂が撒かれているではありませんか!
さらに、私たちがせっせと作ったヨレヨレのロープの囲いに2mおき位に”立ち入り禁止”の表示板がぶら下がっているではないですか。
e0056411_20282490.jpg

おおぅ。何もかも初めてのことなので、感動一入。
すっかり、地鎮祭ムードですね。

しかも、地鎮祭の”初穂料”は工務店様がご負担されるとのこと。太っ腹!
マジ,タスカリマス(T-T)・・・用意していた初穂料は、カメラに生まれ変わりました。

スタートから、とても好印象な工務店です。
いい工務店を推薦していただいた、矢作さんに感謝です!

今日は仕事帰りにデパートに寄って、ご近所様への手土産を買いました~。
地鎮祭当日、挨拶まわりをします。
怖い人いたらどうしよ~!!
クラブ系騒音布団叩き出て行けおばさんとか・・・(ちょっと古いっすね)
[PR]

by mikichanpoo | 2005-09-21 20:41 | 建築日誌 地鎮祭まで

地鎮祭決まりました!

いよいよ、25日に工務店との契約&地鎮祭が決まりました。
朝イチで、現地にて契約を済ませ、その足で地鎮祭を行います。
地鎮祭は30分くらいで済むそうですので、全てを午前中でやってのけます。

初めての地鎮祭なので、ネットでいろいろ情報は得たつもりですが、地域性だとかで色々違うんでどうなんだろう?と思っていました。
最近家を新築した友人は、鯛やお野菜・お酒も持参しなくてはいけなかったと話していたので、矢作さんに確認すると、全て工務店と神社とで準備されるとのこと。
だから、施主は『初穂料』を持参するだけでいいそうです。

マメ知識・・・初穂料とは?・・・
  日本は古来稲作を中心とした農業を生活の基盤としてきました。
  実りの秋には、その年収穫した稲穂を、感謝の意味を込めて、
  一番最初に神前にお供えします。これを初穂といいます。
  これをお金に換えて捧げる時、「初穂料」となります。
  また、稲に限らず、その年初めてできた農作物をお供えする
  時も初穂といったそうです。

で、全ての行事が終わった後、午後1時には矢作さんは次の仕事へ旅立たれます。アイドル並みの忙しさです。マネージャーが必要ですね・・・

やっとここまでたどり着きました。なんか実感わきませんけど、どうやら始まるらしいです。
あ、早くデジカメ買わなきゃ!!
[PR]

by mikichanpoo | 2005-09-16 23:34 | 建築日誌 地鎮祭まで

お見合い

今日は、工務店2社とお見合いです。保護者は、矢作さんと岡田さん。

まずA社へ・・・
第1印象は、きちんとした会社という感じ。
会社に入った途端、社員の方々総立ちでご挨拶。ひょえ~!!と少々圧倒される。
3人の方が対応されて、建築に対する姿勢、アフターケア等々について話されました。
その後、実際建てられたお宅を見学に行きました。
矢作さんも感心されるほど、丁寧な仕上がり。うん、任せて安心という感じ。

その後B社へ・・・
第1印象は、あたたかい会社という感じ。
小林稔侍似の社長さんの笑顔がいい!口下手で、とても商売上手とは思えないけど、一生懸命住宅建築に対する熱意を語っていただきました。
その後、実際建てられた近くのレストランを見学に・・・・

レストランは、ウエディングをメインにしており、昼間のレストランとしての営業はしていないとのことで建物だけ見せてもらいました。気のいいオーナーさんは、どこの何者かわからない私たちをとても快く受け入れてくださいました。そこまでは、良かったんです。

帰ろうとしていた時、ふと中庭に目をやると、なんとポルシェ911が!!(ずいぶん前のモデルでかなり希少品らしい)e0056411_9114773.jpg

釘付けになってしまった私たちは、本来の目的を忘れ、車見学会になりました。
そこのオーナーさんは車いじりが非常に好きで、クラシックカーを購入してはレストアして車好きの人に販売しているそうなのです。しかも道楽でやっておられるので、超破格!!
『いつかはポルシェ』・・・・のはずが、うわーっ!!『今すぐポルシェ』に変わりそう。

矢作さんも、夫も『買える値段』に超動揺(笑)←マジで!e0056411_984349.jpg

他にも超希少車を見せてもらい、オーナーさんも車を熱く語ってくださり、1時間以上も滞在してしまいました。ねぇみんな、何しに来たか覚えてる?でも楽しかったからいいっか。素敵なオーナーさんに感謝♪

さて自宅に戻り、頭を切り替えて、工務店検討会です。両社とも感じよくしっかりしたところで、金額がわずかに違うくらいで、明らかな差がないので迷いまくり、最後は、矢作さんのお知り合いの方の助言が決め手となり、大手A社に決定!!

設計開始が2004年2月。第1回目の見積りが2005年5月。
そして今日工務店決定。
人によっては長く感じるかもしれません。
時間をかけて何を残して何を削るべきなのか考え、その時間があったお陰で、予算を増額することも出来ました。無駄な時間は少しもありません。

そして、不思議なことに、たくさんの減額をしたのにあきらめた感がちっともありません。
これがきっと、矢作マジックでしょう。見事にミラクルです☆
本当に感謝しています。

これから、工事に向けて忙しくなりそうです。
バーチャル監理がんばりま~すq(^-^)p
[PR]

by mikichanpoo | 2005-09-03 23:57 | 建築日誌 地鎮祭まで

ごたいめ~ん!

昨夜、矢作さんからのメールで第3回見積り結果の報告がありました。
明日、決勝戦まで残った工務店2社を訪問します。
もちろん保護者(矢作さん)付きです(*^_^*)

最初予定していた予算に、限界の予算をプラスしてお伝えしていたところ、A社B社とも私達の限界予算が限界見積りらしい・・・
お互い、歩み寄って真ん中に辿り着いたってところでしょうか。
みんな、お金も案も出し切ったってとこですね。

だけどA社は、植栽を除いた見積もり。

矢作さんにお聞きしたところ、ウチの規模だと植栽自体は20万円程度で出来るとのことで、現段階では20万円くらいの差ということになるのかな?

A社は地元でも有名な大手建設会社。A社が見積もりに加わっていることを知り合いに話すと、「えーっ!すごい!」というリアクション。商業施設、公共施設、病院等々数多くの建設を手掛けている。だから、安心な反面、私達の小さな木造の家なんて作っていただいてよろしいんでしょうか?という気にもなる。

B社は正直、あまり知らない。聞いたことあるかなという感じです。(すいません)
ネットでは、情報を得ることが出来ず、周りの人に聞いたところ私たちと同じような反応。未知の会社です。それだけ、不安と期待が半分ずつ。

矢作さんは、どちらもとてもいい工務店という印象を受けましたよということ。

う~ん。迷うなあ・・・ってまだ会ってないじゃん。
とにかく明日ご対面です。

建築家さんを選ぶ時にも、デザイン性・機能性・監理能力・・・等々を見たのはもちろんですが、やはり人間対人間。この人と、長くやって行けそうかどうかを一番に考えました。結婚と同じような気がします。

だから、工務店を選ぶ時にもお人柄や建築に対する愛の深さなども見極めたいと思います。家が建ったから終わりではなく、そこからの方がメンテナンス等でお付き合いが長くなるのです。末永く私達の家を可愛がっていただける方だと嬉しいです。

などと、相手に対することばかりですが、先方が私達を見て「ちょっとヤダ」てなふうに思ったらどうしよ~(汗)いい施主ってどんなん???
[PR]

by mikichanpoo | 2005-09-02 23:52 | 建築日誌 地鎮祭まで

今日はドキドキです

”建築編”と名づけておきながら、やっと本題です(汗)
今日は第3回目の工務店の見積書提出日です。
なんという答えが出るのか待ち遠しくて、何度もメールチェックをしてしまいます。
落ち着きません・・・(でなくても落ち着きがないのになぁ)

もしかしたら、お知らせは明日なのかも。
それとも、ムリな減額提案にお断りが来てたりして~なんて心配性な私は考えてしまいます。
矢作さんにお任せしてるんだから、大丈夫!って分かってるんだけど~(T-T)

昼休みにテレビで、オゾンホールが広がっていると深刻なニュースが流れており、少々ブルーに。もう地球はおしまいだぁ( ̄□ ̄;)
超リサイクル社会の江戸時代に戻そうぜ~!!
ポッカリ開いたオゾン層の映像に、呑気に家建てている場合なのか?と考えてしまいました。
でも建てますけどね。

tomoさんの暮らしぶりを見させていただいていると、風通しがよく、エアコン不要で快適な日々を過ごされている様子。風通しのよい家を設計するというのは、快適で、しかも地球にやさしい暮らしを提供することに繋がっている。矢作さんを選んでよかったとつくづく思います。
私も半年後くらいには、同じ快適さが味わえるんだにゃ~。楽しみぃ♪

子供の頃、真夏に”地球に丸いフタをしてクーラーつければいいのに”と思っていました。
バカですね~。何たって、小3まで太陽は西から昇ると思っていましたから。
バカボンのせいです。
でも未だに方角はよく分かりません・・・
「太陽は今どの方向にある?」と聞かれると、「うえ」と答えます。←夫がバカにします(`_´メ)そんなに間違ってないよね?

基本的には何も成長してませんね・・・
[PR]

by mikichanpoo | 2005-08-31 21:29 | 建築日誌 地鎮祭まで