ペコの災難

うちには約6歳になる、モルモットのペコ(♂)がいます。
以前HPの方に少し書きましたが、お腹に大きな腫瘍が出来ています。生活に支障はないのでそのままにしておいたんですが、最近自分でかじるようになり出血が続いたため病院に連れていきました。8月のことです。その時の病院では、高齢なので手術に耐えられるかということと、モルモットの手術経験が無いことで、一か八か手術しますか?というような事を言われたので、治療はあきらめて見守ることにしていました。

ところが、最近いい病院を教えてもらったので、早速、今日診てもらいました。その先生は、モルモットの手術も多数経験があり、来週の火曜日に手術をしていただくことになりました。レーザーでの治療なので、通常の(メスでの)手術より本人(本モル?)の負担は少ないそうです。
それまでかじらないようにと、頭に変な物を装着されました。
たまにこれをつけている猫を見掛けますが。

嫌がるペコに先生は
『似合うよ~。カッコいいよぅ♪』
といいながら、なだめていました。楽しい先生です。
e0056411_18411981.jpgこんなになっちゃいました。新種の楽器みたいで、変な音出そう(笑)。でもペコは何が起こったのかわからなくてかなり動揺しています。
可哀想だけど、長生きのためだよ!がんばれペコ!o(´^`)o
e0056411_1840188.jpgしばらくは手渡しでのお食事になります。食欲はあるようで安心しました。
早弁して行ったのに、病院から帰るとレタスをバリバリ。飼い主に似たのかな・・・
[PR]

by mikichanpoo | 2005-10-29 18:49 | ペコ